2017/11/18 16:00

パリの美容事情に新風! 盛り上がる日本独自の美容文化、「ビジョ」ポップアップ開催中

「ビジョ(Bijo;)」のポップアップ@The Japan Store ISETAN MITSUKOSHI Paris(11月14日〜25日)
「ビジョ(Bijo;)」のポップアップ@The Japan Store ISETAN MITSUKOSHI Paris(11月14日〜25日)

服が売れない時代と言われて久しい昨今、モード発信地パリではビューティ界が盛り上がりを見せている。大規模なリニューアルでビューティスペースを拡大した老舗百貨店プランタン(PRINTEMPS)では、世界中から厳選した商品が並ぶ#BEAUTYSTA(ビューティスタ)のコーナーに「まかないこすめ」が常設で取り扱いが始まった。左岸の高級百貨店ボン・マルシェ(Le Bon Marché)ではトータルビューティーサロンの「ウカ(uka)」や沖縄の天然素材の生命力で作られるオーガニックコスメ「琉白(RUHAKU)」も並ぶ。昨年ご紹介したオー・マイ・クリーム(Oh My Cream!)はこの1年で新たに6店舗をオープンさせるなど好調で、パリジェンヌの美容への関心はますます高まっている様子。

フランスで日本の美容文化を発信し、ブームを後押ししているのが日仏間でコスメティックブランドのビジネスデベロップメントを手がける仏法人コンサルティング会社デシーニュ(Dessigns)代表の須山佳子氏。彼女がオーガナイザーを務めるプロジェクト「ビジョ(Bijo;)」のポップアップが、11月14日から25日までパリの日仏文化会館内にある「The Japan Store ISETAN MITSUKOSHI Paris」にて開催中だ。ビジョはBeauté Inovatrice Japonaise Originale(日本独特の革新的な美しさ)の頭文字から成る言葉で、昨年の11月、今年の4月に続き3回目のポップアップ開催となる。今回は新たに、数日前にコレット(Colette)で先行発売された新フレグランスブランド「トバリ(TOBALI)」や刷毛職人が創った洗顔ブラシ「アルティ(ALTY)」なども加わり全15ブランドを展開する。プロジェクトの発起は、日本・韓国・中国の美容文化を“アジアビューティ”とひと括りにまとめられ、各国の特徴が理解されていないと感じた経験からだったという。過去2回のポップアップは大好評で売り上げも上々。「日本の職人が手がける繊細な技術、文化から生まれた独自のアイディアや素材など、日本女性の美の秘訣を解き明かし、嬉しい反響をたくさん頂いた」と手応えを感じているようだ。フランスのメディアにも多く取り上げられ、次なるステップにも期待がかかる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >