2017/12/08 14:00

マリメッコなど手がけるテキスタイルデザイナー鈴木マサル、福岡で九州初個展

「鈴木マサルのテキスタイル展 -目に見えるもの、すべて色柄-」
「鈴木マサルのテキスタイル展 -目に見えるもの、すべて色柄-」

テキスタイルデザイナーの鈴木マサルによる展覧会「鈴木マサルのテキスタイル展 -目に見えるもの、すべて色柄-」が、福岡の三菱地所アルティアムにて、12月9日から2018年1月14日まで開催される。

鈴木マサルは自身のブランド「オッタイピイヌ(OTTAIPNU)」をはじめ、フィンランドのマリメッコ(MARIMEKKO)やユニクロ(UNIQLO)とのコラボレーション、バッグや時計、家具のデザイン提供、空間インスタレーションに至るまで、多岐に渡る活動で世界的に注目されているテキスタイルデザイナー。

彼にとって九州初個展となる本展は、タイトルにもある「目に見えるもの、すべて色柄」をテーマに、テキスタイル、傘、ファブリックパネルなど約100点を用いて空間を構成。鮮やかな色と柄、ユーモア溢れるモチーフとダイナミックな構図がもたらす不思議な空間を体験できる。


また、会期中は本展に関わる様々なイベントも開催。12月16日には、デザインジャーナリストの高橋美礼と鈴木マサルによるトークショーが行われる。同トークショーは13時45分から14時までのおよそ90分、同会場の10階にて行う。定員60名で参加費は500円、電話(092-733-2050)で予約受付中。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >