2018/01/18 16:00

ミリタリーをベースにマスキュランなユニフォームを考察したニール バレット【2018-19秋冬メンズ】

ニール バレット2018-19年秋冬コレクション
ニール バレット2018-19年秋冬コレクション
ニール バレット(Neil Barrett)の2018-19年秋冬コレクションが1月13日ミラノで発表された。昨シーズンからショーの会場を新しいオフィスのビルへと移し、同時に本格展開がスタートしたウィメンズも同時に発表するスタイルに変更されている。

今シーズンのテーマはユニフォーム。男性らしさをユニフォームの歴史に紐解いたコレクションで、ウィメンズもカーキをシーズンカラーとしてレーシーなインナーとマスキュランなアイテムでメンズと歩調を合わせている。

白シャツ白タイに黒のチェスターコート、細身のブラックタイにタイトな黒スーツ、ブラックナイロンコートとディオール、サンローラン、アレキサンダー・マックイーン、プラダなどに代表される90年代後半以降に誕生したアイコニックな現代のメンズスタイルを、ミリタリーというユニフォームの視点から再考察していく。

ケーブルニット、ジャカードによるニットのグラフィカルはモチーフもモノトーンで表現され、フェイクレイヤードなどの表現が姿を消して、ムートンのフライトジャケットやデッキジッパー、チュニックジャケットなど、ミリタリーを中心としたシンプルなアイテム構成。ビッグショールカラーのピーコートやモトクロスパンツ、モヘアのタートルニットなど、ブルーのアイテムも黒ナイロンのリュックとのバランスが計算されている。

メンズ、ウィメンズともに登場したトレンチコートの新しい解釈は、チンストラップ部分までボアになったフライトジャケットのディテールがニールらしい。

Text: Tatsuya Noda

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >