2018/03/21 19:00

コンピューター電子部品で作られたミニチュアのマンハッタン街。制作者はなんと17歳高校生

コンピューターのプリント基盤が綺麗に整頓され並ぶ、本作品。よく見てみると、電子部品がどこかで見たことのあるような並び方や形をしていることに気付くかもしれないが、それもそのはず。この作品はコンピューターの電子部品でニューヨーク・マンハッタンの街を再現した作品なのだ。制作したのは、ゼイド・メンク(Zayd Menk)。メンクは南アフリカ・ジンバブエの首都、ハラレにあるセントジョンズ・カレッジに通う17歳の高校生だ。
本作品は0.0635:100のスケールで制作された。プロジェクトは、まず初めに比率の綿密な計算からスタートした。インターネット上の様々なデータベースでマンハッタンに立ち並ぶ建物の大きさや角度などの情報をひたすら収集し、設定した比率へ当てはめ計算を繰り返した。計算のあとは、かき集めた電子部品を切り崩し実際の建物の形へ似させていく。形を整えたらホットグルーを使い土台へのり付けして少しずつ完成させていったそうだ。「電子部品を切る道具が弓のこしかなかったのが大変だったポイントだよ」と明るく語ってくれたコメントがなんとも可愛らしい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >