2018/04/30 13:00

3Dプリントで居住まで建設できる時代に。アメリカの住宅の事情に変化


アメリカ・カリフォルニアのオークランドでは近年、住宅の事情に少しずつ変化が起きているようだ。緊急時に使用できる住居や貸出用の住居の必要性から、二次的住居(自宅のバックヤードの小屋など)を建てる際に関わる規制が大きく緩和されたという。2人の大学教授、ロナルド・ラエル(Ronald Rael)とバージニア・サン・フラテロ(Virginia San Fratello)が中心となって設立したスタートアップ、エマージング・オブジェクツ(Emerging Objects)はこの背景から、新たな発想で二次的住居を製作した。

彼らが製作したのは外装・内装共に3Dプリント技術を用いて作られたキャビン型の住居。一階建ての、決して大きいものとは言えないが本格的な作りのものだ。正面の装飾は美しいチョコレート・ボックスをイメージしたもの。プランターも兼ねたタイルが気持ちよく整頓され並べられ、実際に本物の植物が植えられている。サイドには植物の種が集まり波うっているようにも見えるテクスチャを製作。4,500枚以上作られたこのテクスチャーは、瓦のように配置され屋根からサイドの壁面を覆い尽くしている。エマージング・オブジェクツは農業や工業で生み出された廃棄物の再利用にもフォーカスしており、それらを素材に使用しているそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >