2018/04/29 17:00

ライブを邪魔しない、ジュエリーのような次世代イヤープラグ

WHO(世界保健機関)の調査によるとコンサート会場などの大音量により、3人に1人の若者が耳へのダメージを受けるリスクをを冒しているという。注意喚起もしばしば行われているが、実際は来場者全体のたった15%しかイヤープラグを着用していない。そこで誰でも、どんなシーンでも着用できる画期的なイヤープラグの開発をベルギー・アントワープの企業、ループ(loop)が実現させた。

一見するとイヤープラグには見えず、まるでジュエリーのようなルックスを持つ「ループ・イヤープラグ」のリリースには、設立者たちの強い思いが背景にあった。ループの設立者、マーテン・ボデウス(Maarten Bodewes)とディミトリ・オー(Dimitri O)の2人は、ある晩クラブへ遊びに行き、帰宅後ひどい耳鳴りに悩まされたという。その晩から彼らは20種以上の市販のイヤープラグを試してみたが、どれも理想とは言えないものだった。「出かける時は、その場の雰囲気をしっかり楽しみたい。でもほとんどのイヤープラグは聴いている音楽の邪魔をしてしまうし、着け心地もイマイチです。言うまでもなく、見た目もあまり良くない。そこでループを始めようと思いました」とマーテンはコメントしており、自分が理想と思えるイヤープラグを作るために起業した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >