2019/02/07 15:00

「結婚」なんて古い!? フランス女性に聞いたリアルな恋愛観

「結婚」なんて古い!? フランス女性に聞いたリアルな恋愛観
「結婚」なんて古い!? フランス女性に聞いたリアルな恋愛観
パリ在住の私が久々に日本へ帰省すると「結婚は? 子供は? 彼氏いないの!? 」と、フランスでは一切聞かれることのない質問が飛んでくる。29歳という年齢もあってか、同世代の独身の女友達は何かと「結婚」のワードを口にする。まるで結婚が人生の幸福を左右するすべてかのように話で進んでいくことにどうも違和感しかない…。たった数年前までは「結婚よりも仕事! 」と一緒に夢に向かって切磋琢磨していた女友達でさえ変わってしまい、どこか寂しい気持ちになった。人生を共有する相手がいることや、愛する人と支え合える生き方はロマンティックだと思うけれど、形式的な“結婚”という戸籍上での契約には何の魅力も感じない私。日本では少数派かもしれないけれど、恋愛大国フランスではそのような考え方を持つ女性はかなり多い。



「愛し合っているならそれだけでいいじゃない。どうして世の中に宣言し、契約を交わす必要があるの? 」とパリジェンヌのファニーは笑いながら結婚観について話す。「幸せになるための結婚なんて存在するのかしら。そんな幻想から早く抜け出した方が、ずっと幸せになれると思う」。彼女は8年間ワインの勉強をして、いくつかのバーで働いた後、1年半前パリにバー「ラ・ドゥモワゼル(La Demoiselle)」をオープンさせ、ほぼ一人で店を切り盛りする35歳のビジネスウーマンだ。ちなみに店名はフランス語で「未婚女性」を意味する。今は1年付き合っているパートナーと同棲中で、その前は6年という長い期間付き合った彼氏がいたそう。「結婚をしたいと思ったことはない、必要性を感じないから。感情を共有し、苦しい時支えになり、ともに愛を育んでいける相手に、それ以上何かを求めようと思わないわ。紙切れよりも、心の繋がりの方がもっと大切」と話せば話すほど説得力があるファニー。同世代でも結婚をしていない人はとても多く、家族や親戚に結婚しないことを咎められることは一切ないそう。「結婚歴・離婚歴・子供の有無によってその人への見方が変わったりはしない。“個人主義”なフランスでは、そんな表面上のことはあまり気にしないのだと思う。そんなことよりも、仕事やプライベートどんなシチュエーションでも、相手を知っていく中で、自分が相手をどのように感じるかの方が重要だから、未婚か既婚かなんて大したことじゃない」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >