2019/02/19 07:53

故人を入れるお墓がない!お墓の購入と手続きは?

納骨のための許可と永代使用権の購入 遺骨を墓地に収めることが納骨ですが、その時期についての決まりはありません。ただ仏式ならば四十九日、神式ならば五十日祭、キリスト教なら月命日、実施することが一般には多いようです。納骨をす […]

納骨のための許可と永代使用権の購入

遺骨を墓地に収めることが納骨ですが、その時期についての決まりはありません。ただ仏式ならば四十九日、神式ならば五十日祭、キリスト教なら月命日、実施することが一般には多いようです。納骨をするには、火葬場で発行する「埋葬許可証」、墓地の管理者が発行する「墓地使用許可証」が必要になります。
新規に墓地を建立しようとする際には、建てるための権利が必要になります。それが「永代使用権」で、墓地の管理者から購入します。墓地の「所有権」ではありません。永代使用権は、法律でも認められている承継財産となりますが、勝手の第三者への転売や譲渡はできません。墓地を自分の子どもなどに引き継がせたいときは、墓地の管理者に永代使用権の名義変更をしましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >