2019/02/19 07:53

投資信託の配当金! 分配型、無分配型、再投資、どう選べばいいの?

個別株がいくつも組み込まれている投資信託でどれだけもらえるのかは、投資信託を作った運用会社の考え方次第 まずは投資信託の収益(平たく言うと皆さんの懐に入る儲け)について、売却益(キャピタルゲインといいます)と保有している […]

個別株がいくつも組み込まれている投資信託でどれだけもらえるのかは、投資信託を作った運用会社の考え方次第

まずは投資信託の収益(平たく言うと皆さんの懐に入る儲け)について、売却益(キャピタルゲインといいます)と保有している限りもらえるインカムゲインに分かれることを確認しましょう。売却益(キャピタルゲイン)とは、皆さんが1万円で投資信託を1月10日に購入し、12月10日に10800円で売却した場合の利益(儲け)のことです。インカムゲインというのは、その投資信託を保有している限り、運用会社が定めた分配方針に基づいてもらえるお小遣い、と考えてください。商品に「毎月分配型」とあるのは、そのお小遣い(インカムゲイン)が「毎月もらえますよ。」という意味です。「無分配型」というのは「基本的に分配金として少しずつ皆さんにお出しするのではなくて、我々ファンドマネジャーが増えたものをそれまでの元本といっしょにして運用しますよ」というものです。つまり再投資型=無分配型と考えて差支えないと思います。ここで気をつけなくてはいけないのは、利子とは違って「運用した成果の一部を解約する」というイメージを持っていただくことです。つまり、皆さんがお金を出して投資した分をファンドマネジャーにおまかせして、あとでドカーンと解約時(=換金時)にまとめて受け取るのが無分配型(再投資型)、少しずつ受け取るのが分配型、それを毎月受け取るのが毎月分配型というわけです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >