2019/02/19 07:53

アンケート調査で分かる「若者のお金の使い道と消費者意識」

若者はそもそも知らない?“消費”ってどういうこと? まず、インタビューにて「消費者」という単語や自身の「消費行動」に対して抱くイメージを確認しました。 「消費者」という単語に関しては、回答者の多くが「一般人・買い物をする […]

若者はそもそも知らない?“消費”ってどういうこと?

まず、インタビューにて「消費者」という単語や自身の「消費行動」に対して抱くイメージを確認しました。
「消費者」という単語に関しては、回答者の多くが「一般人・買い物をする人」「自分もその中の一人」と認識している一方、約16%が「あまり良いイメージがない」「企業に騙されている人」などネガティブなイメージを持っていることがわかりました。
また、「消費行動が社会に与える影響」については、約22%が「自分が買い物で使ったお金が世の中を回っているのだろう」という漠然とした感覚しか持っておらず、「自分一人が買ったところで大した影響はない」という認識のように、およそ5人に1人は“自身の行動が社会にどのような影響をもたらし得るか”を明確に把握していないことが判明しました。
消費者は、単なるサービスの受け手ではなく、自分の消費行動が、社会・経済・環境などに与える影響を考えて、商品・サービスを選ぶことが大切です。人にやさしく、地球にやさしく、住みやすい社会「消費者市民社会」の実現に向けては、若者に対してまずは“消費”の定義とその影響を認識させる必要があるという、大きな課題が浮き彫りになりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >