2019/02/19 07:54

国内ETF(上場投資信託)と海外ETFはどちらがいい? そのメリットとデメリット

手数料に着目 ETFは、以前にもお伝えした通り、さまざまな種類があり、幅広い銘柄に分散投資されているので、全体的な景気の動きから、「海外の、例えばアジア圏の成長が期待できそう」と思えば、海外ものでも新興国もののETFに投 […]

手数料に着目

ETFは、以前にもお伝えした通り、さまざまな種類があり、幅広い銘柄に分散投資されているので、全体的な景気の動きから、「海外の、例えばアジア圏の成長が期待できそう」と思えば、海外ものでも新興国もののETFに投資してみるのも面白いかもしれません。
ですが、対象となるのが国内→海外→新興国になっていくにつれて、手数料が高くなっていくことに注意が必要です。以前にもお伝えしたかもしれませんが、手数料については、皆さんが自分でコントロールできます。販売用資料などを見て、「高い」「安い」というのがすぐにわかりますから、「安い」ものを選択すればいいのです。

では、どうして手数料は高くなるのでしょう。それは取引が難しくなるからです。私たちは、流動性と言っていますが、「買いたいときに買いたいだけ買える」「売りたいときに売りたいだけ売れる」ものは安く、そうでないものは高くなります。日本や米国のように株式市場が多ければ、さまざまな思惑の投資家が参加しますから、売り買いがしやすくなります。その結果、新興国ものETFに比べて手数料は低くなります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >