2019/02/19 07:54

国内ETF(上場投資信託)と海外ETFはどちらがいい? そのメリットとデメリット

こうやって見てくると、海外ETFはいろいろな種類があって、手数料もぴんきり、選択肢がたくさんありますが、高い収益が期待できる場合と、為替や流動性など思わぬところでマイナス要因にかき消されてしまうという落とし穴が潜んでいることに注意しなければなりません。

より上がりそう、という根拠のない期待だけで飛びつくのは危険

これまでの記述をまとめると、海外ETFについては手数料、為替、取り扱い金融機関の数といった「収益以外」のポイントが重要になります。これらを考えても高い収益が期待できる場合でない限り、海外ETFに投資をするのは慎重に検討した方がよさそうですね。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事もプライベートも忙しく、中途半端で終わりやすい日。優先...もっと見る >