2019/02/19 07:55

相続税、現金納付以外の納税方法は?

延納が認められる要件 相続税の額が多く、一括して納められないときに利用できるのが「延納」です。この延納が認められるためにはいくつかの要件が必要です。それは、①相続税額が10万円以上、②期限までに金銭での納付が困難と認めら […]

延納が認められる要件

相続税の額が多く、一括して納められないときに利用できるのが「延納」です。この延納が認められるためにはいくつかの要件が必要です。それは、①相続税額が10万円以上、②期限までに金銭での納付が困難と認められる、③延納額と3年分の利子税に相当する担保財産を提供できる(税額100万円以下、延納期間3年以下は該当せず)、になります。延納制度を利用する場合、延納の期間は5年以上20年以下、支払いは年に1回と定められています。延納の場合は利子税もかかります。
延納申請期限までに「延納申請書」と担保関係の書類を所轄の税務署に提出し、審査を通れば許可されます。担保として認められる財産の優先順位は、以下のとおりです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >