2019/02/19 07:55

亡くなった方の埋葬方法も、非常に多様化しています

多様化する墓の形態 先祖の遺骨が眠っている家単位の墓に、亡くなった後に入るのがこれまでの主流でした。これは「家墓」とか「代々墓」と呼ばれるもので、墓石や墓誌に、その墓に入っている故人すべての俗名、戒名、没年月日が刻まれて […]

多様化する墓の形態

先祖の遺骨が眠っている家単位の墓に、亡くなった後に入るのがこれまでの主流でした。これは「家墓」とか「代々墓」と呼ばれるもので、墓石や墓誌に、その墓に入っている故人すべての俗名、戒名、没年月日が刻まれています。
こうした従来の形態とは異なり、以下の墓がつくられています。生前から自分で準備するか、関係者に自分の意志を伝えておくことが必要です。

① 個人墓

子などの後継ぎがいないときなどにつくられる夫婦2人など1代限りの墓。
継承の必要がない半面、管理の方法が課題。

② 両家墓

一人っ子同士や兄弟に子がいない場合に、夫婦が両家の姓を並べて刻む墓。できれば両家の先祖の遺骨も集め、関係者が継承していく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >