2019/02/19 07:55

〈リタイアメントプラン〉①リタイア後のプラン、まずは把握したい3つのポイント

まずは、この3つのポイントの把握から “リタイア=定年退職”が間際に迫ってからあわててリタイア後のマネープランを立てるのではなく、できるだけ前もって、じっくり家族とも話し合ったうえでリタイアメントプランを組んでおきたいも […]

まずは、この3つのポイントの把握から

“リタイア=定年退職”が間際に迫ってからあわててリタイア後のマネープランを立てるのではなく、できるだけ前もって、じっくり家族とも話し合ったうえでリタイアメントプランを組んでおきたいもの。リタイアがすぐそこに見えてきてからの準備では、間に合わないことも多いからです。
リタイアメントプランを立てるそもそもの第1歩ともいうべきが、以下の3つの把握です。

≪リタイア後に≫

① 入ってくるお金
② 出ていくお金
③ もしものときのためのお金

リタイア後に「入ってくるお金」は?

リタイア後に「入ってくるお金」をしっかり把握しきれている人は、意外に多くはありません。老後入ってくるお金といえば、公的年金や退職金をまずイメージしがちですが、例えば各種企業年金や確定拠出年金、国民年金基金などの各制度に加入履歴があっても受け取る手続きを忘れてしまっている人も時おり見られます。リタイア後のマネープランのご相談にいらしてご一緒に確認していると「ああ、そういえば」というお金が結構あるのです。また、不動産の家賃収入などの副収入も忘れずプランに入れておきたいところです。
そして、ここで、「入ってくるお金」が意外に少ないことがわかったら、リタイア後も何らか働いて収入を得る方法を考えることも必要です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >