2019/02/19 07:56

15年前に入った掛け捨ての終身医療保険。保障内容が時代にあっていない?

古いから悪いとは言い切れません

しかし、古いから悪いとは言い切れません。例えば、入院は5日以上しなければ入院給付金が受け取れないとしても、入院日数にかかわらず手術をすれば手術給付金が支払われる保険もあります。むしろ、手術給付金だけに注目すれば、検討している新しい保険よりも、加入している古い保険の保障額の方が大きいという場合もあります。
どのような医療を受けるのかによって違いますが、見直せば必ず保障が手厚くなるとは言い切れません。
一方、先進医療の保障については、以前からあったものの、多くの医療保険に付けられるようになったのは最近のことです。先進医療の中には数百万円かかるものもあるので、この保障を求めて見直しをする人も多いのですが、注意が必要です。

保険の見直しには年齢の壁がある

生命保険に加入するには、基本的に年齢が上がるほど保険料も上がります。保険によって大きく違いますが、終身払い(一生涯同じ保険料を支払う)医療保険の一例として下記の表を見てください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >