2019/02/19 07:48

YouTuberってほんとに儲かるの?

再生回数だけでなく動画のクオリティーも大切 ひとつの職業として徐々に世間に認知されつつある「YouTuber」(ユーチューバー)。   動画サイトのYouTubeに動画をアップロードして広告収入を得ている人たち […]

再生回数だけでなく動画のクオリティーも大切

ひとつの職業として徐々に世間に認知されつつある「YouTuber」(ユーチューバー)。
 
動画サイトのYouTubeに動画をアップロードして広告収入を得ている人たちのことですが、人気のYouTuberともなるとその年収は数千万円にもなるとか。
 
運営元のGoogleは広告収入の計算式を提示していませんが、1再生あたりの金額はおよそ0.04円~0.24円。視聴時間の長い動画のほうが単価は高くなるようです。
 
視聴時間が長ければそれだけ広告が見られる時間も長くなるからです。ですので、収入アップのためには再生回数だけでなく、ある程度の動画の長さと最後まで見てもらえるクオリティーも大切になってきます。
 
人気の動画になると再生回数が100万回を超えることもあります。再生回数100万で1再生あたりの広告収入を0.24円とした場合、その収入は24万円。これを月に10本アップしたら月収は240万円になります。
 
しかし、実際のところ、それだけの収益を上げられているYouTuberはほんの一握り。大多数はほんのお小遣い程度にしか稼げていません。が、それでもYouTuberは元手ゼロのリスクなしで始められますので、やってみるだけの価値は十分にあります。
 
プロのような動画を作るならそれなりの機材を揃えなければなりませんが、お金をかけずにスマホだけでもそれなりの動画を作ることは可能です。撮影、編集、アップロードまですべてスマホ1台だけでできてしまいます。
 
広告収入を得るには、動画をアップロードするだけでなく、YouTubeパートナープログラムに登録する必要があります。登録後、広告収入が8,000円を越えると、翌月の25日前後に指定の銀行口座に振り込まれます。
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >