2019/02/19 07:56

〈いけばな作家〉 いけばなは、ひらめきの練習。ビジネスにとてもリンクします。「ビジネスリーダーたちのいけばな展」主催

 

—具体的にはどのようにお話しされたのですか? また、参加者の中で印象に残る作品についてお聞かせいただけますか。—

いけばなには幅と高さ、奥行きがあります。奥行きがあるというのは、より立体を意識しているということ。ですから、どこから見ても美しくなるよう整える俯瞰の眼も必要になります。皆さん、ビジネスの現場では自然と立体的に物事を見て、考え、行動されています。その感覚を今回は見える立体にし、植物で表現してみましょう、と提案しました。
山田会長は「混沌から希望へ」というテーマで、流木を使用した枝で構成されました。会期が海外出張と重なったため、事前に流木と枝(=混沌)をご自身でしっかりといけられて、花(=希望)は当日に、お嬢様がお稽古中の写真を元にいけられました。親子で作られたことで、本当に未来へつながっていく作品になりましたね。花材と構成を決めるのも早くて、迷いがないことに驚かされました。決断力と、イメージしたものを具現化していく集中力。そして構成力。どの角度から見ても表情豊かな作品でしたので、会場の中心に展示し、あらゆる角度からその立体感を見ていただけるようにしました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目の前のことをコツコツと進めること。今日は手を広げるより、...もっと見る >