2019/02/19 07:49

いくつになってもきれいでいたい 女性が化粧品に使う金額は?

美容室、エステ、ジム・・・…まだまだある美への道

女性が美容のために出費するのは化粧品だけではありません。美容室、エステ、ジム、ネイルにまつ毛……、美への道のりは多岐にわたります。
 
最近はホワイトニングなど歯の審美にお金をかける人も少なくありません。
 
なかでも美容室に行かない人はそういないでしょう。カラーリングを美容室でする人なら、定期的に足を運ばなくてはならず、年間にすればやはり数万円になります。そうそう、洋服だって買わなくてはなりません。
 
「人間見た目じゃない」そんなことを言ったって、少しでも美しくあることは、仕事ではマナーにもつながりますし、家庭円満にも一役買い、また自分自身をも明るくしてくれることに間違いありません。
 
限られた予算のなかで、少しでも安い美容室を探したり特売を狙ったり。
 
いくつになっても自分への「投資」を怠らない女性の努力を、男性方もぜひご理解を。
 
Text:田中 恭子(たなか きょうこ)
フリーランス・エディター&ライター
 
監修:柴沼 直美(しばぬま なおみ)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
日本証券アナリスト協会検定会員、MBA(ファイナンス)、
キャリアコンサルタント、キャリプリ&マネー代表
 

関連記事
■「なるべくお金も手間もかけずに綺麗になりたい」 周りは美容費に月々いくら使っているのだろうか
■「ぜいたくしていない」のにお金が貯まらないのはなぜ?
■貯蓄がうまい人に共通する3つの特徴
 



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

リラックスできる好調日。ボディメンテナンスに力をいれよう。...もっと見る >