2019/01/15 23:00

「掛け捨ての生命保険は損」って本当?貯蓄性のある生命保険に入ったほうが良いの?

生命保険には、貯蓄性のある生命保険と貯蓄性が低い(掛け捨ての)生命保険があります。掛け捨ての生命保険は、もったいない感じがします。無理をしてでも貯蓄性のある生命保険に入ったほうが得なのでしょうか。 

生命保険は預貯金とは違う

貯蓄性のある生命保険は、保障に貯蓄性を備えた保険です。保障と貯蓄性を備えた保険には、終身保険や養老保険があります。保障よりも貯蓄性を重視した保険には、個人年金保険や学資保険があります。
 
終身保険は、解約の時期によっては多額の解約返金を受け取ることができます。養老保険は、中途解約の場合は解約返戻金、満期時には満期保険金を受け取ることができます。
 
しかし、一般に、契約後、早期に解約した場合には、通常は、解約返戻金はないか、あっても僅かな解約返戻金しかありません。したがって、解約時、多額の解約返戻金を受け取るためには、長期間保険料を払い続ける必要があります。
 
また、予定利率の低いときに加入すれば、一般の生命保険は、契約時の予定利率で固定されますので、保険料を何十年払っても、支払った保険料の総額以上に解約返戻金を受け取ることができないというケースもあります。
 
いつ、解約しても元本割れすることはない預貯金と保険とは根本的にしくみが違います。
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >