2019/01/16 10:15

大学の授業料が引き上げ続けていく中、教育資金の不安は消えない

このところ、大学の授業料は毎年のように引き上げられ、私立文系で年間100万円を超え、理系では150万円を超えるのが当たり前のようになっています。 わが子が大学に合格したのは良いけれど、いざ授業料を納付する段階になって、教育資金に不安を感じるご両親も多いのではないでしょうか。 

奨学金と教育ローン

わが子の将来のためなら、できる限りのことをしたいと思うのが親心ですが、手元の資金が足りないようなら、ローンを検討する場合もあります。そのようなときに頼りになるのが奨学金(貸与型)です。
 
しかし、収入要件を満たせない、今から申請しても間に合わないなどで他を検討しなければならないこともあります。その場合、次の候補となるのが教育ローンです。
 
貸与型奨学金と教育ローンは、教育資金を借りるという点では同じですが、いくつか違いがあります。まず、奨学金は学生本人が借りて卒業後に自分で返還の責任を負うもので、教育ローンは親が借りて親が返済します。
 
また、奨学金は在学中無利子で卒業後に返済が始まるのに対し、教育ローンは借りた直後から利息が付き、翌月から返済が始まります。利率も奨学金の方が低く設定されています。
 
教育ローンにもメリットがあります。奨学金と比べると申請手続きが簡単で、借入までの期間が短く、一度にまとめて借りることができます。入学手続きに奨学金では間に合わない場合や、親の収入が比較的高くて奨学金を申し込むことができない場合などに検討すると良いでしょう。
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >