2019/01/16 23:15

65歳以降も働き続ける場合、雇用保険はどうなるの?

 
65歳以降は、公的年金制度から老齢基礎年金や老齢厚生年金を受けることができますが、これらの年金と高年齢求職者給付金については支給調整されず、併せて受け取ることが可能となっています。
 

他にこんな給付が受けられることも

高年齢被保険者は、退職後に失業と認定された場合の高年齢求職者給付金の他、一定の教育訓練を受ける場合の教育訓練給付金、育児休業を開始する場合の育児休業給付金、介護休業を開始する場合の介護休業給付金といった、65歳未満の被保険者が受けられる給付についても受けることができます。
 
65歳以上の人の就労を促進するための給付となっていますので、受給の要件を満たして受けられるようになったら、活用すると良いでしょう。
 
執筆者:井内義典(いのうち よしのり)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者、特定社会保険労務士、1級DCプランナー
 
関連記事
■退職したいけど、「退職させてくれない会社」信じられない実態。退職を考える前の準備
■退職時に『残りの有給日数20日』 この有給休暇を会社に『買い取ってもらう』 そんな事可能なの?
■給与アップしやすい人の7つの共通点



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >