2019/01/17 03:00

「お金の3つの役割」がわかるとお金の使い方が変わるきっかけ

筆者は、小学生にお金の使い方を教えているのですが、その中で最初に教えているのが「お金の3つの役割」です。 お金の役割について理解を深めると、上手なお金の使い方を身につけるきっかけになるかもしれません。今回は、この「お金の3つの役割」について掘り下げてみましょう。 

1年間のお金の使い方を振り返る

お金の1つ目の役割は、「好きなものと交換することができること」です。
 
私たちは、当たり前ですが、毎日のように必要なもの・欲しいものとお金を交換しています。では、実際にどのようなものと交換しているのかを把握するために、あなたの2018年1年間のお金の使い方を振り返ってみましょう。
 
使う金額には地域差がありますし、年齢や環境によって消費の項目も変わるとは思いますが、まずは、収入の多くを住居費や食料、光熱費などの生活に欠かせないものに使っていると思います。
 
しかしその中で、「これは買わなくてもよかった」「買ったけど使っていない」という、いわゆる無駄遣いもあるでしょう。このような“失敗したお金の使い方”は、しっかり記憶に留めておくことが大切です。それが、同じ間違いをしないための第一歩だからです。
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >