2019/01/20 23:00

保険の解約返戻金、解約するといくら戻るか把握している?

資産と聞いて思い浮かぶものは何でしょう?預貯金や債券、株や不動産でしょうか? 生命保険は万が一の場合の保障を得るためのものですが、資産づくりの目的も兼ねて、貯蓄性のある生命保険に加入されている方も多くいらっしゃるかと思います。 貯蓄性のある保険であれば、その資産価値は、その時点の解約返戻金で知ることができます。昔の保険の中には、解約するとかなりの解約返戻金になるものもありますが、資産として意識していないために、その価値を把握されていない方も多いようです。 

解約返戻金が払われる仕組み

解約返戻金は、保険を解約したときに保険会社から支払われるお金です。ただし、保険を解約した際に必ず支払われるものではありません。
 
一般的には、解約返戻金がある保険を「積立型」、解約返戻金がない保険を「掛け捨て型」と呼びます。
 
積立型保険には、なぜ解約返戻金があるのでしょう? 私たちが保険会社に払っている保険料の内訳は、以下のようになっています。
 
保険料 = 純保険料(死亡保険料+生存保険料) + 付加保険料
 
死亡保険料:死亡保険金を支払うための財源
生存保険料:満期(生存)保険金を支払うための財源
付加保険料:保険会社の運営上の諸経費の支出に充てられるもの
 
解約したときにお金が戻ってくるかどうかは、基本、生存保険料の有無によります。
 
積立型保険に解約返戻金があるのは、保険料に生存保険料が含まれているためです。この生存保険料と、その運用益が解約返戻金の財源と言えます。また、解約返戻金は保険料の一部だけがその計算対象であるため、通常それまでに支払った保険料総額よりも、受け取れる解約返戻金は少なくなります。
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >