2019/01/27 23:00

【相談実例】共働きなのに家計が苦しい!?そんなときの対処法

これからの超高齢化社会で勝ち組と言われる共働き夫婦ですが、弱点はないのでしょうか? 実は筆者のご相談者の中で、共働きなのに貯蓄が増えないどころか、家計が苦しいと悩むご家庭があります。同じような事例を検証すると、共通する問題点がいくつか見つかりました。とるべき対処法について解説してまいります。 

共通の問題とその対処法 (使途不明金)

使途不明金とは、何に使ったのか分からないお金のことです。
 
家計簿をつけていても、なかなか把握できません。レシートを必ず残したり、なるべくデビットカードやクレジットカードで支払いをすれば、記録に残ります。しかし、日本では現金払いでしか対応していないお店も多数あるので、簡単ではありません。
 
共働き夫婦は、比較的使途不明金が多いという共通の問題があります。まずは年間収支表を作成して、使途不明金を把握しましょう。
 

共通の問題とその対処法 (固定費・変動費の見直し)

これも家計見直しでは定番ですが、よほどの無駄遣いをしていなければ、効果は限定的です。
 
固定費削減として効果を上げられるのは、住宅ローンや生命保険関係が主です。独立系のファイナンシャルプランナーに相談してみてください。
 
変動費の見直し候補は、食費と交際費とお小遣いです。食費はエンゲル係数(食費÷消費支出×100)が25%以上なら、節約を考えましょう。また、共働き夫婦の場合、趣味にお金をかけすぎる方が多い傾向にあります。
 
一気に減らすのは難しいので、優先順位をつけて減らせるものから始めてください。
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >