2019/01/27 09:00

3ヶ月以内にしないといけない手続きとは?相続発生後の手続きと期限

相続とは、亡くなった親族の財産およびそれに属する権利や義務を、一定の人が引き継ぐことです。亡くなった人を「被相続人」といい、被相続人の財産などを引き継ぐ一定の関係がある人を「相続人」といいます。 身内が亡くなると、近親者などに連絡したり、通夜・葬儀の手配に追われたりと、やるべきことがいっせいに押し寄せてきます。葬儀などが一段落しても、相続に関するさまざまな手続きにとりかからなければなりません。手続きには公的なものもあり、期限を失念してしまうと、思わぬ損失を被ってしまうことにもなりかねませんので、注意が必要です。 今回は、相続発生後の基本的な手続きを時系列に確認し、主に遺言書について詳しく解説したいと思います。 

被相続人死亡後(相続の開始)の手続き

家族が亡くなると、死亡後(相続の開始)7日以内に、その「被相続人」の死亡地や本籍地などを管轄する役所に死亡届を提出しなければなりません。
 
そのほか、年金の受給停止や健康保険の資格喪失届けなど、死亡の連絡をすべき手続きはたくさんあります。
 
《3ヶ月以内》
 
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >