2019/01/28 09:40

フラット35の団体信用生命保険って得?損?

2017年10月に「フラット35」の大きな改正がありました。「フラット35」とは、住宅金融支援機構と民間金融機関が共同で提供している、返済期間中は金利が変わらない、全期間固定金利の住宅ローンです。 以前の「フラット35」は団体信用生命保険の保険料を、住宅ローンの返済金とは別に、年1回住宅ローン残高に応じて支払う必要がありました。それが、金利に含まれて返済金と一緒に支払うスタイルに改正されました。 

団体信用生命保険は生命保険の一翼を担う

マイホームを購入時に住宅ローンの契約者(債務者)が団体信用生命保険に加入すると、返済期間中に死亡(または高度障害に該当)した場合に、保険金が金融機関に支払われ、住宅ローンの債務がなくなります。
 
そのおかげで、遺族(家族)は住宅ローンの返済に苦しむことなく、マイホームに住み続けることができます。
 
民間金融機関の住宅ローンを借りる際は、ほとんどの場合、この団体信用生命保険への加入が義務となっています。民間金融機関では金利に含まれているので、生命保険としての保険料はいくらかかっているのか分かりませんが、住宅ローン残高相当の数千万円の生命保険に強制的に加入することになります。
 
そのため、生命保険の設計相談では、「近い将来住宅ローンを借りてマイホームを購入する計画や希望はありますか?」という質問が重要となります。
 
たとえば、結婚を機に死亡保障額を算定しなおし、5000万円の死亡保障保険(定期保険や収入保障保険など)に加入した人が、数年後に3000万円の住宅ローンを借り、団体信用生命保険に加入してマイホームを購入した場合、3000万円分の保障が重複します。
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >