2019/02/19 07:49

「株主優待」を目的に投資を始めるという選択もあります。

会社の応援団として株主になってみる 現在、株主優待の制度を導入している企業は約1300社あります。優待の種類はいくつかありますが、自社ブランドを持つ企業では自社商品の詰合せや店舗でのお買い物券といったものが中心。自社商品 […]

会社の応援団として株主になってみる

現在、株主優待の制度を導入している企業は約1300社あります。優待の種類はいくつかありますが、自社ブランドを持つ企業では自社商品の詰合せや店舗でのお買い物券といったものが中心。自社商品を持たない企業では、クオカードやカタログギフトといったものが代表的です。
 
初めて株式投資をする方には、自分のお気に入りの商品等を扱う企業に投資してみることをお勧めします。男性なら家電・ビール・旅行、女性ならスーパーやデパート・食料品・飲食店といったところでしょうか。日頃から身近に感じている企業ですし、興味があるので無意識のうちに企業研究ができていることになります。新商品の情報や業績についても、お気に入りの商品を扱う会社のことは気にかけているのでは? 
 
「ビールが貰える」「お買い物が10%引きで出来る」「新製品が試せる」といった優待目的は本末転倒に見えるかもしれません。ですが、会社を応援するつもりで株主になるというのは、理にかなっているのです。
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >