2019/02/09 09:00

住宅ローン減税が終わっても、払わなきゃいけない固定資産税をどうするか?

そろそろ確定申告の準備をする時期になってきました。 昨年、住まいを購入された方は、「住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)」の確定申告をされるかと思います。 

住宅ローン減税で10年間はお得!

住宅ローン減税は一般的に、毎年数十万円の所得税の還付が10年続きますから、とてもありがたい制度です。
 
所得税の還付金で固定資産税を支払っている方も、多くいらっしゃいます。都内マンションでしたら、固定資産税は10~15万円くらいかかりますので、大きな出費です。
 
賃貸で暮らしていた頃にはなかった固定資産税の支払いは、家計の負担となります。住宅ローン減税がある10年間は還付金で支払えた固定資産税も、住宅ローン減税が終わった後はご自身で支払わなくてはなりません。
 

減税が終わった後は?

固定資産税は、毎年1月1日における固定資産の所有者に対して、固定資産の課税標準額をもとに課税されます。固定資産税の納期は年4期、市町村ごとに条例で定めてよいとされています。
 
年12万円の固定資産税でしたら、3万円×4期ということになります。これから消費税も増税され、家計の支出はさらに厳しくなりますので、この4期ごとの3万円も負担に感じるのではないでしょうか。
 
何とかして、この納税の負担を軽減したいものです。
 
そこで、銀行や郵便局に預貯金として眠らせているお金に働いてもらうのはいかがでしょうか?
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >