2019/02/14 09:00

「住宅ローン控除」の申告ミスが発覚で追加納税も 

すまい給付金

すまい給付金は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担を緩和するための制度です。住宅ローン減税は、支払っている所得税等を上限に、所得税等から一定額を控除する仕組みであるため、収入が低いほどその効果が小さくなります。
 
一方、すまい給付金制度は、収入が低く、住宅ローン減税の効果が十分に及ばない方に対して、住宅ローン減税とあわせて消費税率引上げによる負担の軽減をはかるものです。このため、収入の低い方のほうが、給付額が多くなる仕組みとなっています。
 
具体的には、年収(目安)425万円以下の給付額は、消費税8%の場合、30万円、425万円超475万円以下は20万円、475万円超510万円以下は10万円となっています(申請が必要)。消費税10%への引き上げ後は給付金が最大50万円に対象者も拡大されることが予定されています。
 
参照
国税庁のホームページ
すまい給付金のホームページ
 
執筆者:新美昌也(にいみ まさや)
ファイナンシャル・プランナー
 
関連記事
■住宅ローンを減税し過ぎた・・なぜこんな事が起きてしまったのか
■所得税よりも住宅ローン控除の金額が上回ってしまったら、どうなるの?
■消費税率引き上げによる施策「住宅ローン控除の特例創設」ってなに
 



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >