2019/02/16 03:00

寝耳に水の人もいるのでは?住宅ローン繰り上げ返済の注意点とは!

人生において、大きな買い物であるマイホーム。 たとえば35歳で住宅ローンを35年返済で借りた場合、完済するのは70歳です。60代以降も働き続ける高齢者就労が促進されていますが、定年退職により収入が減る前に完済するのが理想です。そのためには繰り上げ返済をしていかなくてはなりません。 35年元利均等返済で借りた4000万円の住宅ローンを返済期間残り25年で300万円を繰り上げ返済すれば、全期間の金利が1%の場合で合計40万円弱の利息の支払いを減らせます(返済額軽減型の繰り上げ返済の場合)。 ライフプラン上メリットがある繰り上げ返済ですが、安易な繰り上げ返済はデメリットを生じさせる可能性がありますので注意してください。 

コストの見落としに注意

住宅ローンの繰り上げ返済には、金融機関に支払う手数料が発生します。
 
インターネット銀行や通常の金融機関でも、オンラインでの手続きであれば繰り上げ返済手数料が無料のケースも多くありますが、窓口での手続きとなると一回あたり5000円~3万円(税別)の手数料が発生します。
 
また、住宅ローン減税の恩恵を受けられる期間に繰り上げ返済をすると、1年あたり繰り上げ返済した金額の0.4%※~1%の税金の控除が受けられなくなります。
 
※平成19~20年に居住を開始した方は15年間住宅ローン減税を受ける選択ができ、その場合11~15年目の控除額は住宅ローン残高の0.4%となります。
 
たとえば、先の例で300万円の繰り上げ返済をすると、0.4%で1万2000円、1%で3万円の減税が対象期間の年数分受けられなくなります(借入金額が住宅ローン減税上限内の場合)。
 
そして、繰り上げ返済をすると、住宅ローン契約の際に別途契約した団体信用生命保険の保障金額も減ります。繰り上げ返済をして手元資金が減るのと同時に死亡保障が減ってしまうデメリットとリスクがあるのです。
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >