2019/02/17 09:00

不動産の活用が有効な相続税対策になる

相続税対策の大きな柱の一つは、やはり不動産の有効活用です。 生前贈与はあらかじめ後の世代で資産を移転し、資産総額を減らす方法ですが、不動産の活用は相続資産の評価額を下げていく方法で、どちらも相続税対策として効果があります。 

現金よりも不動産が有利な理由

現金や銀行預金で保有するよりも不動産で保有することが有利なのは、評価額の違いにあるためです。例えば、1億円の現金は、相続時には1億円としてそのまま評価されますが、1億円で購入した土地は、通常でも2割減の8千万円程度の評価になります。
 
土地の利用方法によってはさらに評価額は下がります。相続時に現金で保有していると、それだけ多くの相続税がかかってしまうために、とても不利になります。
 
不動産の評価額が低くなるのは、現預金と違って「流動性が低い」ためです。簡単に土地の売買が出来るわけではなく、現預金に比べて非常に使い勝手が悪いためにほかなりません。
 
そのため、現預金を減らして土地などの不動産を所有する場合でも、「将来値下がりしてしまう」「売りにくい不動産を購入した」ということであれば、相続自体には問題はなくても、結果的には悪い買い物をして資産を大きく減らしてしまう危険もあります。不動産の購入には、細心の注意も必要です。
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >