2019/02/17 09:30

最近よく聞く生命保険の「家族登録制度」って? 指定代理請求制度との違いは?

最近、生命保険の契約をするときに「家族登録制度」の案内を受ける機会が多くなりました。 どんなメリットがあるのでしょうか。また、家族を登録する制度には、従来から「指定代理請求制度」がありますが、違いは何でしょうか。ポイントを解説します。 

「家族登録制度」とは

保険会社は原則、家族であっても契約者以外に契約内容に関する情報を伝えることはありません。例えば、保険会社に「夫が入院した場合保障はありますか」と問い合わせても「ご契約者様以外にはお答えできません。」と断られてしまいます。
 
しかし、契約者が事前に登録した家族であれば、契約内容の確認が必要なとき、登録された家族からの問い合わせにも答えてもらうことができます。また、保険会社から送られてくる各種手続きの案内が引っ越しなどで契約者に届かなかった場合や、大規模災害などで契約者と連絡が困難な場合に、保険会社から登録された家族に連絡してもらえます。
 
いざというときの対応が遅れることが避けられます。これが「家族登録制度」のメリットです。
 
家族を登録するには、契約者が登録する家族から事前に同意を得て、その家族の氏名・住所などを登録します。登録できる家族の範囲や人数は保険会社によって異なります。「被保険者の戸籍上の配偶者」「被保険者の3親等内の親族」などです。その他「契約者の療養看護に努め、または契約者の財産管理を行っている人」も登録できる保険会社もあります。
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >