2019/02/24 03:00

今後の普及は必ず起こる?「スマホ決済」を中心としたキャッシュレス決済

最近も、スマホ決済サービス会社の「100億円キャンペーン」が話題となりました。 本格的な「キャッシュレス時代」に向けて、近年徐々にキャッシュレス決済比率が高まっているものの、日本では根強い「現金決済」の習慣があるため、まだまだ普及していないのが現状でしょう。キャッシュレス決済比率が最も高い韓国では約90%、第2位の中国では約60%であるのに対して、日本はまだ約20%となっています。 今後、最も普及していくであろう「スマホ決済」を中心に、最新のキャッシュレス決済について確認してみましょう。 

スマホ決済とは!

「キャッシュレス決済」とは、「現金なし」にモノやサービスを買うことをいいます。日本人にとって最も身近なキャッシュレス決済の方法は、クレジットカード決済といえるでしょう。しかし、日本人の多くは「クレジットカード払い=借金する」というイメージが根底にあるようで、思ったほどには利用率が上がっていません。
 
その救世主となり得るのが、「スマホ決済」です。名前の通り、現金はもちろん、カードすら持ち歩かなくても、1台のスマホさえあれば簡単に決済ができる方法です。
スマホ決済のメリットは、ほかにもたくさんあります。
 
今後、乱立しつつあるサービス各社が、顧客獲得にしのぎを削っていくことは必須ですが、利用金額に応じたポイントを付与したり、還元したり、お得なクーポンを提供したりなど、さらにサービスの拡充が図られていくことと思います。
 
また、何よりも現金決済とは違って、「スマホをピッ」と読み込ませるだけでスピーディーに決済が終了することが、最大のメリットといえるでしょう。さらに、その支払いの履歴が自動的に蓄積されていくため、いつでも簡単に確認することができます。
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >