2019/02/25 10:00

住宅ローンの金利や条件にこだわらずに指示通りに契約して損してないですか?(前編)

家計の支出の中で大きな割合を占める住宅費。 夢のマイホーム購入に際して住宅ローンを借りる方は多いでしょう。その際、物件選びにはこだわっても、住宅ローンの金利や条件にこだわらずに金融機関の提示通りに契約してしまうと、大きな損をしてしまうかもしれません。 

金利0.5%の差でも数百万円の違いに

3000万円の住宅ローンを35年間元利均等返済で毎月返済した場合、全期間の金利が1%と1.5%では総支払額で約300万円の差が生じます。
 
マンション販売会社や住宅メーカーなど、不動産業者が勧める金融機関に申し込んで、提示された金利や条件でなんとなく契約してしまうと、後でもっと条件が良い金融機関の住宅ローンを知って後悔する羽目になるかもしれません。
 

住宅ローンの金利&条件交渉を持ち掛けましょう

ご相談者に「この住宅ローンの金利と条件を交渉しましたか?」と尋ねると「交渉できるのですか?」とよく驚かれます。
 
家電量販店などで何十万円もする大型家電を購入するときに、値引き交渉をする方は少なくないでしょう。インターネットが普及した昨今、他店の価格を消費者は簡単に把握できるようになり、「他店より高い場合は値下げします!」と記載しているチラシや店頭ポスターもあるほどです。
 
住宅ローンについても同様で、提示された金利や条件よりも良い条件の住宅ローンのサイトやチラシを見せて少し交渉すれば、金融機関が提示した金利(多くの場合は店頭チラシの金利)から下げてくれることがあります(フラット35など例外はあります)。
 
しかし、自分から「金利を下げたり、保証料を無しにするなど条件を見直してくれませんか」と持ち掛けなければ、金融機関は提示した金利や条件で進めてしまいます。
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >