2019/03/02 09:20

相続の遺留分の割合とは 知っておくべき相続の話

被相続人(故人)が所有していた遺産を相続するときに、法定相続人が法律に従って受け継ぐものを法定相続分といいます。 法定相続人の気持ちとは裏腹に、被相続人の相続意思が一定の相続人に偏るケースがあります。相続人全員が、その故人の遺志を尊重し納得できれば問題はありませんが、法定相続人以外の人に遺贈してしまうなど不平等な意思が記された遺言書が見つかる場合もあります。また、生前には故人の面倒をみたりして貢献したのに全く報われない相続人が出るケースもあります。 そこで、一定の範囲の相続人にのみ、最低限(割合)の遺産取得権を認める制度があり、これを遺留分といいます。 

一定の範囲の相続人とは

遺留分を持つ法定相続人は民法により定められています。基本的には被相続人の配偶者、子、親、代襲相続人(相続人となるはずの人が、被相続人よりも先に死亡した場合に代わって相続する人)で、以下の人には認められません。
 
兄弟、相続放棄した者、相続欠格者(被相続人および同順位以上の相続人を殺害して有罪となった相続人、遺言を処分・隠した相続人、被相続人に無理矢理に遺言を書かせた相続人、被相続人の殺害を知りながら刑事告訴しなかった相続人)および相続人として排除された者(被相続人に虐待行為などをした者、著しい非行を行った者)
 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >