楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/29 10:50

自動車保険で見る高齢者の自動車事故

このところ、高齢者による自動車事故がたびたびニュースになっています。大きく報道され、社会問題となっていることもあり、自主的に免許を返上する高齢者もいます。しかし、特に地方などでは、自動車は生活の足として欠かせないため、多くの高齢者が運転をしていることでしょう。 認知症とまではいかなくても、年齢が高くなれば、反射神経が鈍りますし、判断力も衰えます。事故のリスクは高くなるため、自動車保険も高くなります。

事故の発生率が高いと保険料は高くなる

自動車保険の保険料は、車種、走行距離、運転する人の範囲などによって異なります。それぞれ、事故の発生率にかかわってくるからです。自動車保険をはじめとした損害保険は、事故や火災が起きた際の損害額と、その発生率を基に保険料を決めています。
 
車種ごとに保険料が異なるのは、車種によって事故の発生率が異なるからです。家族向けの車であれば、無理のない運転をする人が多く、スポーツカータイプだと、スピードを出す人が増えるため、事故の発生率があがります。またブレーキサポートシステムの装備などによる違いもあります。
 
年齢も、事故の発生率に影響します。10代、20代では、どうしても乱暴な運転をする人が一定数います。もちろん、みながみな、そうだというわけではありませんが、年齢別の事故の発生率を見ると若い人は高くなっています。そのため保険料も高くなります。また高齢者についても事故の発生率が多くなるため、保険料が高くなります。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >