楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/07 09:40

デジタル遺産とエンディングノートの活用

10月1日の消費税増税に合わせて、政府はキャッシュレス決済による5%還元を開始しました。増税に合わせてキャッシュレス決済の普及を図ろうとする狙いです。また、スマホやパソコンから商品を購入する場合でも、登録してあるクレジットカードからの引き落としによるキャッシュレス決済が増えてきました。 デジカメやスマホで撮った写真は、自分のパソコンで保存しているか、クラウド上のストレージに電子データとして保存している場合が多くなっています。 このようにわれわれのまわりのものが電子化されてくると、人が亡くなった場合、IDとパスワードを知らない遺族の人は、相続した遺産や遺品を把握することが非常に困難になってきています。 

インターネットの利用者(13歳から59歳)は9割を超えている

総務省が今年の5月31日に発表した「平成30年通信利用動向調査の結果」(※1)によると、インターネット利用状況(個人)では、13歳~59歳の年齢層で9割以上の人がインターネットを利用しています。また、70歳~79歳では51.0%、80歳以上でも21.5%の人がインターネットを利用しています。
 
インターネットの利用目的のうち、商品・サービスの購入・取引の利用は53.9%と半数を超えていますが、意外と少ない感じもします。
 
Amazonやヤフー!ショッピングなどのオンラインショッピングの需要は確実に増えてきており、スマホを使った電子決済(「XXペイ」といったもの)も急激に増えてきたことなどから、この利用者層は今後ますます増えるでしょう。
 

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >