楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/09 10:00

他人事ではない自然災害。事前に心構えをしておこう

自然災害は、今や日本全国どこでも起きるものです。千葉県でも、台風後いまだに大変な事態が続いています。 今や、毎年日本全国で自然災害が起こっています。他人事といってはいられません。今だから知っておきたい、自然災害に備えて知っておくべきこと、お話しします。 

消費者トラブル、自分はだいじょうぶ? 何もないときだからこそしっかり確認を

前回のコラムでは、火災保険の見直しの際に確認していただきたいポイントとして挙げていたのは、保険金が必ずしも損害をカバーするわけではないという点です。ですから、適正な価格で保険金を設定しているかどうかを確認することが必要なわけです。
 
また、損害を判定するのは各損害保険会社です。自然災害で損害を受けた住宅修理を、業者が勝手に「保険金が使えますから、修理しましょう」といっても、業者に請求された金額と保険金が同じ金額に相当するわけではないのです。
 
さらに、「保険に加入しているでしょう」と普段より高い見積りを提案されたという事案も聞いたことがあります。
 
保険金があれば、修理代はすべてカバーできると思うのは危険です。自然災害は、予期できるものではありません。災害の被害を受けていない冷静なときこそ、ニュースを見ながら、「こんなときには注意しないといけないんだな」という感覚を持つべきでしょう。
 
被災すると、深く考えることはできないものです。被災後に、住宅改修など何かをするときには、複数の目でチェックすることが必要ですし、最近は消費生活センターなどからの注意喚起もネットで配信されますので、こまめに見ておきたいものです。法的な問題に関してはお近くの消費生活センターや法テラス(※1)に確認するのが確実でしょう。
 
■法テラス・サポートダイヤル:0570-078374(平日9時〜21時、土曜9時〜17時)
 

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >