楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/26 09:00

2人に1人の時代。がん治療の現状とがん保険(特約)について知っておきたい事

一生涯で「がん」と診断される人は、2人に1人ともいわれています。国立がん研究センターの統計によれば、2016年に約99万人の方が新たにがんと診断されたそうです。 がんと闘うために、各保険会社からさまざまながん保険が販売されています。皆さん、がん保険には加入していますか?加入しているがん保険はどのような内容になっているか知っていますか?また、金銭的な心配をせずに治療にしっかり専念できますか?

がん治療の現状

厚生労働省の患者調査によると、がんの患者は、平成14年では平均在院日数は35.7日でしたが、平成29年では16.1日と短くなっている傾向にあります。
 
また、入院患者数は平成14年では約13万9000人、外来患者が約11万9000人と入院患者の方が多かったのですが、平成26年は入院患者が約12万9000人、外来患者が約17万1000人と逆に外来患者が多くなっています。
入院は短期化し、通院しながらがん治療をする人が多くなっていることが分かります。
 
主ながんの治療には、三大治療といわれる「手術」「抗がん剤治療」「放射線治療」がありますが、その他にもホルモン療法などもあり、がんの種類や進行度に応じてさまざまな治療を組み合わせることが基本となっています。
 
手術して退院した後にすぐ完治、ということではなく、通院で治療を継続していくことも多くなっているようです。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >