楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/26 09:15

「遺言書は必要ではない」と思っていた女性が陥った複雑な相続

皆さんは、遺言書を作っていますか?わざわざ作る必要もないとお考えの方も、多いのではないでしょうか? しかし、ご自身の考えだけで遺言書を不要だと判断してしまうと、相続の手続きが面倒なことになり、かえって時間もお金もかかってしまうことになるかもしれません。 今回は、遺言書の必要性がないと思っていたA子さんのケースをご紹介しましょう。 

遺言書を作る必要がないと思っていたA子さん

東京都にお住まいのA子さんは、半年前に夫を亡くしました。子どもはいません。夫婦2人で、30年前に購入した夫名義のマンションで生活をしていました。
 
生前、夫は遺言を作っていませんでした。その理由について、A子さんはこう話しています。「財産は、家と預金だけだし、私が全て管理していました。子どももいないので、夫が亡くなっても、今までと変わらずに私が管理するだけです。わざわざ遺言書を作るのが面倒でした」
 
確かに、相続人が妻だけで、相続財産の内容も全てわかっているのであれば、一見、遺言書は不要なように思われます。しかし、子どものいないA子さんは、時間とお金がかかる面倒なことに巻き込まれました。
 

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >