楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/10 23:15

仕事中のけがに、健康保険被保険者証は使えない?

けがや病気で病院に行くとき、皆さんが持っていくのが健康保険被保険者証。年齢などの違いでかかる医療費の3割負担や1割負担といった自己負担額を支払っていると思います。 では、仕事中にけがした場合も健康保険で良いのでしょうか?答えは“No”です。仕事中にけがをした場合に健康保険は使えません。 仕事中にけがをした場合に補償してくれる保険が「労働者災害補償保険(以下、労災保険といいます)」です。「労災保険」とはいったいどんな保険なのでしょうか?

労災保険制度とは?

「労災保険」とは、業務上や通勤途中における労働者のけがや病気、障害、死亡に対して給付が行われる制度です。労災保険の保険者は政府であり、窓口は労働基準監督署です。
 
<労災保険の給付内容>
(1)療養補償給付(労災保険、労災保険指定医療機関で直接、療養の給付)
 
(2)休業補償給付(労働者が業務上のけがや病気で休業し、賃金を受け取れない日が連続4日以上ある場合の4日目から給付基礎日額の80%相当額〈うち20%は特別支給金〉)
 
(3)傷病補償年金(労働者が業務上のけがや病気により療養し、療養開始後1年6ヶ月経過後に、傷病が治らず、傷病等級1級から3級に該当する場合に支給)
 
(4)障害補償給付(けがや病気が治ったあと、障害が残った場合に支給)
 
(5)介護補償給付(労災事故により労働者が介護を要する状況になり、介護を受けている場合に支給)
 
(6)遺族補償給付(労働者が業務災害によって死亡した場合、遺族に対して年金が支給)
 
(7)葬祭料(業務災害によって死亡した労働者の葬祭を行う者に対して、請求に基づき支給)
 
今回は、日常で起こる可能性の高い「(1)療養補償給付」についてお伝えします。
 
療養補償給付は、仕事中に会社で階段から落ちてしまった、会社からの帰宅途中(買い物や映画を観に行ったなど、通勤途中に寄り道をした際に負ったけがなどは対象外)に転んでけがをした、飲食店等の勤務で調理中に包丁で手を切ってしまった、などのけがなどです。
 
けが以外の病気に関しては、厚生労働省「職業病リスト」(※1)をご参照ください。

Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >