2019/02/19 07:49

定期預金の金利が低いので投資信託を勧められた。セットだと定期預金の金利がアップ!?

定期預金50%未満・投資信託50%以上 銀行のポスターで“年利3%”といった数字が目に留まり、詳しく見てみると投資信託とセットで申し込むことが条件になっています。資金の50%以上を投資信託にすることを条件に定期預金の金利 […]

定期預金50%未満・投資信託50%以上

銀行のポスターで“年利3%”といった数字が目に留まり、詳しく見てみると投資信託とセットで申し込むことが条件になっています。資金の50%以上を投資信託にすることを条件に定期預金の金利を優遇するものです。ただし、この優遇は3か月~1年といった期間限定であることに注意が必要です。
金融機関側は、この商品について以下のように考えています。
例えば満期を迎えた100万円。低金利を考えると「殖やす」ためには投資信託の活用が必要になります。全額を投資信託に預けるというのでは、時間の分散も出来ません。まず半分の金額で始めてみて、残り半分をどうするか判断していただきたい。更に投資信託を買い増す場合は、違う商品を選ぶことで投資対象の分散にも繋がります。

まずは少額から始める

投資信託を始めてみようと思い立っても、慣れていないと、いきなり証券会社を訪ねたり、インターネット証券で口座を開いたりするのは、勇気がいることです。まずは取引のある金融機関の窓口で相談してみるというのが一案かもしれません。窓口で、どのくらいの期間置いておける資金なのか、リスクの許容範囲はどれくらいかなど、自分の希望をしっかりと伝えて商品選びをしてください。定期預金と違い、手数料が掛かりますので、その辺りの説明も十分受けてください。そして何より、定期預金の優遇を気にして、たくさんの金額で始めないことが肝要です。最初は少額で試してみて、市場の値動きを経験することが、ご自身のリスク許容度を知るきっかけになるはずです。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >