2019/02/19 07:50

ラップ口座は専門家が運用するから安心!? 任せっぱなしで大丈夫? 何をしてもらえるの?

ラップ口座でしてもらえること 「ラップ口座」というのは、証券会社や信託銀行等の金融機関が、投資一任契約を結んだお客様に対して、資産運用から管理までを代行するものです。 資産運用が難しい理由は大きく2つ考えられます。 ①ど […]

ラップ口座でしてもらえること

「ラップ口座」というのは、証券会社や信託銀行等の金融機関が、投資一任契約を結んだお客様に対して、資産運用から管理までを代行するものです。
資産運用が難しい理由は大きく2つ考えられます。

①どの商品を買えば良いのかが分からない

取引のある金融機関で、いざ投資信託を買ってみようと思ってパンフレットを見てみると、その種類の多さに驚きます。ゆうちょ銀行で取扱中のバランス型ファンドだけでも8種類です。
いくつか組み合わせて分散することが大事といわれると、余計に分からなくなってしまいます。

②買うタイミング・売るタイミングが分からない

ラップ口座を検討する場合は、まとまった資金があるということが前提です。投資信託は毎日値段が動きます。基準価格が100円変わると「1日待てば良かった~」もしくは「昨日取引しておけば良かった~」と後悔することも少なくありません。どのタイミングで買ったら良いか分からないし、売る時の判断も悩みそうです。
 
金融機関はラップ口座を希望する顧客のニーズをヒアリングし、意向に合ったポートフォリオを選定します。(予め決められた、いくつかのパターンから選ぶことが多いようです。)運用中は定期的に見直し、組み入れファンドの変更やリバランスをして管理してくれます。こうして、難題①②を専門家に解決してもらうシステムなのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >