2019/02/19 07:47

ねんきん定期便、ここだけは見ておきたいポイント

最低限チェックしたいのはここ!

もちろん、この年金の見込み額もチェックしておきたいところです。ただ、「年金って、どうせ書いてある額はもらえないんじゃないの」という人にもぜひこれだけはチェックしていただきたいのは、今までの年金の加入記録に間違いがないかどうかです。

ねんきん定期便 50歳以上の見本

それぞれの欄を順に丁寧に見るに越したことはないですが、てっとり早くせめてここだけは見ておきたい!というのが、「これまでの年金加入期間」。例えば、会社等にお勤めの方なら、働き始めてから現在までの期間(月数)と「厚生年金保険」の加入期間(月数)が一致しているか?などです。つまり、加入期間の「不足」がないか?だけはチェックしておいてほしいのです。ここに不足があると、じつは加入していたけれども申請が漏れている、あるいは記録がもれている、もしくは知らないうちに未納になっている可能性などが出てきます。
手続きが漏れがちなのが、会社を退職して専業主婦や自営業になって手続きを忘れていたパターン。特に、夫が退職して自営業になったときは、専業主婦の妻の立場も第3号被保険者から第1号被保険者へと立場が変わるので要注意です。
いざ将来年金を受け取る年齢になって、年金の手続き漏れを調べてリカバリーするのは大変な作業となってしまいます。あとでしまったと後悔しないように、ねんきん定期便をチェックする習慣を身につけておきたいものです。
(※「ねんきん定期便」は、平成28年6月以降生まれの方から様式が変更されています。当コラムは、変更後の項目に基づいて作成しています)
 
執筆者:福島えみ子(ふくしま えみこ)
CFP(R)認定者
 
関連記事
■「夫が、25年払えば年金はもらえるから、これ以上払ったって損だからって言うのです。」本当?嘘?
■えっ!年金定期便に記載通りの金額は貰えない? その理由はこの2つ。
■夫婦で2500万円、年金月額換算27万円という数字の意味と老後の過ごし方
 



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >