2019/02/19 07:50

葬儀費用は余分なお金を使わないように。段取りを決め、見積もりも忘れずに

故人の意志も尊重して業者を選定 まず葬儀をどのような形式で進めるかを決めることから始めます。故人の信仰や意志がどのようなものかを尊重します。故人が帰依していた宗教があればその形式に、また「こうはして欲しい」「これだけはや […]

故人の意志も尊重して業者を選定

まず葬儀をどのような形式で進めるかを決めることから始めます。故人の信仰や意志がどのようなものかを尊重します。故人が帰依していた宗教があればその形式に、また「こうはして欲しい」「これだけはやめて」という生前の意向を聞いていれば、それに沿って考えます。故人が親しい業者に、葬儀の生前契約をしていたかも確認します。
このことを前提として、葬儀業者と式場を決めます。家族で互助会や生協に加入している場合は、まず連絡を取りましょう。いくつかの条件を考えながら、葬祭業者を決めることになります。葬祭業者の例としては、互助会、生協のほかに、葬儀社、地方自治体、農協などがあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >