2019/02/19 07:50

〈大文字保存会役員〉京都・大文字山の送り火では50年輪以上の巨木が20 本は必要。木がいかに大切かですね

京都では、旧暦で秋のお彼岸にあたる8月16日に、市内を囲む山々で「大」の字二つ、「妙」「法」の字、船の形、鳥居の形をかたどった火を焚き、先祖を浄土へと送る伝統行事があります。「京都五山送り火」として有名なこの行事ですが、 […]

京都では、旧暦で秋のお彼岸にあたる8月16日に、市内を囲む山々で「大」の字二つ、「妙」「法」の字、船の形、鳥居の形をかたどった火を焚き、先祖を浄土へと送る伝統行事があります。「京都五山送り火」として有名なこの行事ですが、当日を迎えるまでにどのような準備がありますか?

年中通して行っているのが、点火資材となるアカマツ探しです。大文字山の送り火だけでも、50年輪以上の巨木が約20 本は必要となるため、適したマツを見つけるのはなかなか大変。山歩きの際には、常に目を光らせています。
伐採を始めるのは2月頃です。伐採したアカマツは、50cmに切り分け、それを小割りして薪に仕上げます。この作業は梅雨入りまでにコツコツと済ませて、薪を倉庫に収納し、約2年かけて大量の割り木を乾燥させていきます。実際にその木を使うのは約2年後の送り火です。
また、焚き添えにする麦の作付けや刈り入れ、火床の整備など、年間通して仕事は山積み。当日、火が燃えているのはわずか15 分ほどですが、次の日からはまた来年の準備が始まります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >