2019/02/19 07:51

家族の急変で、奨学金や教育ローンの融資が受けられなかった場合の「教育資金の調達法」

社会福祉協議会が扱う教育支援資金とは? 生活福祉資金貸付制度とは、低所得の方、高齢者や障がい者の方の生活を経済的に支えるセーフティネットの一つです。 平成27年4月に施行された生活困窮者自立支援制度によって、より効果的な […]

社会福祉協議会が扱う教育支援資金とは?

生活福祉資金貸付制度とは、低所得の方、高齢者や障がい者の方の生活を経済的に支えるセーフティネットの一つです。
平成27年4月に施行された生活困窮者自立支援制度によって、より効果的な自立支援を目的とする内容に改訂されました。

現在、各都道府県市区町村内の社会福祉協議会が、支援の状況や必要な用途に応じて貸付を行っていますが、地域の民生委員による相談支援を利用することが貸付の条件となっています。

生活福祉資金貸付制度には、利用目的によって分類され、貸付限度額や条件が異なります。

  • 総合支援資金(生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費)
  • 福祉資金(福祉費、緊急小口資金)
  • 教育支援資金(教育支援費、修学支度金)
  • 不動産担保型生活資金(不動産担保型生活資金、要保護世帯向け不動産担保型生活資金)

この教育支援資金は、教育支援費と就学支度費の2種類があり、子ども(借受人)と生計を支える親(連帯借受人)が一緒に借りる無利子の借金です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忙しく走りまわるわりには、実りが少ないかも。余計なことには...もっと見る >