2019/02/19 07:51

フラット35と民間住宅ローンの違い、メリット・デメリットとは?

基本的な違い 「フラット35」は、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して融資する住宅ローンで、多くの金融機関が取り扱いをしています。住宅金融支援機構とは、財務省と国土交通省が所管する独立行政法人であり、「フラット35」 […]

基本的な違い

「フラット35」は、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して融資する住宅ローンで、多くの金融機関が取り扱いをしています。住宅金融支援機構とは、財務省と国土交通省が所管する独立行政法人であり、「フラット35」の商品内容や利用条件は住宅金融支援機構の基準に沿って決まっています。
そのため、金利や事務手数料は各金融機関によって違いますが、商品内容や利用条件等については、どの金融機関を利用しても同じになります。一方、民間住宅ローンは銀行や信用金庫等がそれぞれに商品内容や利用条件を考えて作っているため、各金融機関のオリジナル商品といえるでしょう。

それぞれのメリット・デメリット

利用する際に知っておきたいのが、各ローンの特徴です。
「フラット35」のメリットとして大きいのは、利用条件に団体信用生命保険(※1)(以下、団信)の加入が含まれていないことです。団信は生命保険になるため、傷病歴があると加入できない場合があります。つまり「フラット35」では傷病歴があり団信への加入ができなくても、ローンの借り入れが可能ということです。
一方、民間住宅ローンでは団信加入は必須条件であり、加入ができなければ住宅ローンそのものの借り入れができません。ただし民間住宅ローンでは、団信保険料がすでに金利(月々の返済額)に含まれている点はメリットといえるでしょう。「フラット35」での団信加入は、ローン残高に応じて月々の返済とは別に保険料の支払いが必要になる点は留意が必要です。その他、2つのローンの特徴をまとめたものが下表になります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >