2019/02/19 07:51

日本では保険適用外のインプラント治療を、海外で受けるという選択肢もありますか?

日本と海外のインプラント治療の料金の相場 現在、審美歯科治療のなかで最も注目を集めているインプラント治療ですが、現在では、歯の欠損した部位にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上から人工の歯を装着するというものが主流となっ […]

日本と海外のインプラント治療の料金の相場

現在、審美歯科治療のなかで最も注目を集めているインプラント治療ですが、現在では、歯の欠損した部位にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上から人工の歯を装着するというものが主流となっているかと思われます。
 
日本では、このインプラントの技術は年々向上しており、需要の拡大とともに料金も安くなる傾向があります。
 
私の経験からすると、インプラント1本の料金は、部位や材質、各医院によって料金設定が変わってきますが、現在は30万円くらいが相場ではないかと思われます。
 
これは海外でもほとんど同じ様な感じで、医療費が非常に高いと言われているアメリカでさえ、これくらいが相場と言われています。
 
東南アジアのタイですと、これより少し安い傾向にありますが、渡航費や現地での滞在費なども含めると、日本で治療を受けるよりも高くついてしまいます。
 

海外でインプラント治療を受けるメリットはほとんどなし

また、インプラントは年2~3回のメンテナンスが必要になるといわれています。海外でインプラント治療を受け、その後のメンテナンスは日本の他の医院でしてもらうことも考えられるでしょうが、同じ医院で診てもらったほうがスムーズで、急なトラブルにも対応しやすいというのは当然のことです。
 
もし海外でインプラント治療を受けるなら、日本に提携している医院があるか事前にしっかりと確認しておく必要があります。
 
以上のことを踏まえると、海外でインプラント治療を受けるメリットというのは、ほとんどないと言ってよいでしょう。これは、その他の審美歯科治療についても同じことかと思われます。
 
日本でのインプラント治療の料金が非常に高く、タイなどで治療したほうが安かった時期もありました。が、それはもう一昔前の話。
 
今はもう、日本に住んでいるなら、虫歯治療も審美歯科治療も、日本の歯科医院で、医師と様々相談しながら、ご自身が納得できる治療を受けたほうがよいでしょう。
 
Text:小林 貞司(こばやし ていじ)
フリーランス・ライター
 
Text:柴沼 直美(しばぬま なおみ)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
日本証券アナリスト協会検定会員、MBA(ファイナンス)、
キャリアコンサルタント、キャリプリ&マネー代表



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >